2017年01月01日

あけましておめでとうございます

甲状腺のことを書くといいつつ、仕事が忙しくなってしまい書けずでした。
甲状腺関係のワードで検索して見てくださっている方、すみません。。。


お正月なので、、今日は恒例のツレ実家詣、、、。

正直言って、行きたくない行事です。

ツレの親はやはりツレの親。
診断されてはいませんが、母親はがっつりアスペです。

会話が続かないし、、。
ツレ父も、、グレーの人。

だけど毎年やる事が決まってるので、それをこなして帰ってくると思えば気が楽かな。

ツレの事はそこそこ好きなとこもあるし、アスぺの向こう側の人間性を感じる時も多々あるけれど、結婚して11年。

この両親には、未だに馴染めません。

少しでも手伝おうとすると、あー、いい、いい、って言われるしね。

多分義母の中では、結婚した当初と私の扱い変わってないんだろうね。
子どももいないし尚更。まあ、楽でいいけど。



新年あけましておめでとうが愚痴になってしまった。

今年の言い納めになるといいけど。
posted by かんな at 14:04| Comment(0) | ツレの発達障害のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

おもわずにこっとしたこと。

保育士の仕事をしている方はあるあるだとおもいますが、保育園7時から私20時までの13時間開いています。そんなわけなので、思い切り交代勤務です。仕事が始まる時間と終わる時間は毎日違います。私はそんな、保育園に勤務する保育士です。
私の仕事の始まり、終わりの時間も、その日によって違います。
今日は20時までの遅番の日でした。「保育園しめるひと」でした。
基本9時間拘束なので、遅番の日は11時から仕事です。が今日は急に1時間早く出勤することになり(昨日の夜急に決まった)一時間残業でした。10時間勤務。ハードだ。

でも、そんな日だったんですが、今日はなんかほっこりして仕事できました。

朝、珍しくにこっとするようなことがあったので。

ツレが、後から起きる私のために、エアコンのタイマーを、わたしが起きるであろう時間にせっとしといてくれたのです!!

ツレが毎朝起きる時間は6時20分。7時ごろにはもう出かけています。
私が遅番のときに起きる時間は9時ごろ。

当然、ツレは出かけるときにエアコンは切っていくので、この時期起きたら寒いです。

そんな今日の朝。1時間早く出勤なので、起きる時間もいつもの遅番時間より1時間早い 8時ごろ起きた私・・・

昨日ほどじゃないけど・・・やっぱ寒い・・・
「ああ、ツレに、もったいないけど朝エアコンつけたままにしといて〜って言っておけばよかった・・」と軽く後悔・・・
お願いしたことは、守ってくれる。けどお願いしないことは、気をきかせない、やらない、そんな人ですから。

リビングへ行くとやっぱり切ってある。寒いのでそっこーリモコンぴ!です。


エアコンを見上げて、リモコンのボタン押したときに、んん??なんかいつもとちがう??と違和感。
いつもついてないランプがついてるぞ??

??と思ってリモコンのモニターを見ると。

一時間後にエアコンのスイッチが入るタイマーがセットしてありました。

昨日私が寝るときには、、ツレが起きる時間につくようにセットして寝たので、当然私が起きるよりずっと前に作動しているはず。
と、いうことは、今朝、誰かがセットしなおしたとしか考えられない。

と、いうことは、ツレがセットしてくれたということ以外、選択肢がない!

珍しい!!となんかほっこり・・

そして、我が家には、予定をはっきりさせときたいツレのために、わたしのシフトが書き込まれたカレンダーがあり・・・
昨日急に決まった1時間の早出を、わたしはカレンダーに書き忘れていたんですね。
なので、ツレは私が一時間早く起きて早く出かけることを知らずにいたわけなのです。(言った気がするけど、短期記憶が弱いのでたぶん忘れたんでしょうね。)

だから、わたしが実際に起きた時間にはエアコンはついてなかったけど。カレンダーに書いた予定通りの時間に行動していたとしたら・・・
起きた時にエアコンがついていて、「あったかいじゃん」となってたわけなのです。

昨日はめっちゃ寒かったから、、、、天気予報で「明日は凍結の恐れ」とか言ってたから・・・自分が起きてみて寒かったから・・・気が向いたから・・・理由はよくわかんないですが、わたしが起きてあったかいように考えてくれたんだなあ〜〜〜と、なんだかうれしかったのです。そこまでは考えず・・・今日とてもも寒くなる。とても寒くなるならエアコンがいる。ずっとつけておくのはもったいないという合理的な考え方からの行動かもですが。「わたしがいること」は考えてもらえたのだな〜と思えました。。。



アスペルガーのツレのいる人が前に「ASの向こうの人間性」と言ってるのを見たことがあります。

今日の行動は、ツレのそういう部分が働いたのだと思いたい。。。いや、きっとそう。


ASの特性の部分が濃く出るときにはうんざりしたり、、通じない、理解できないになりますが。
特性を外して考えると、ツレは基本穏やかな人です。

たまに見える「ASの向こうの人間性」を見るとちょっとうれしい気持ちになります。

ちなみに、私の勤務時間が予定通りだったら、起きた時にエアコンはついていたわけで。
タイマーがセットされてたとは気が付くきっかけもなく

「ツレ、消さないでいったんだな〜ラッキ〜」くらいにしか思わなかったんだろうなと思うと・・・・

今日の急な早出も悪くなかったのかな??と思います。

これくらいのことでなにいってんの??かもしれないですが、、我が家には結構大きいことです。
posted by かんな at 01:08| Comment(0) | ツレの発達障害のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

今月はHAMさんの月

11月も後半。ぼちぼち書くといいつつ、こんな感じです。

前回は、なんか偉そうなことを書きましたが、正直言って、ああ思う日もあれば、う〜〜〜〜んと思う日もあり。
いいこともあればイマイチなこともある。そんな日々です。
たぶん、普通の夫婦でもあることだと思いますが、発達障害のツレがいる家では、きっと「いい時」と「う〜〜〜ん、理解できん!」
の振れ幅が大きいのじゃないかと思っている今日この頃です。


何気なく、アクセス解析を見ていて、このブログに来てくださる人で、「甲状腺」「髄様癌」の検索ワードでたどり着いてくださる方が多いことに気づきました。
私も、発覚直後はそのワードでよく調べたものです。だけど、「髄様癌」の人のページは見つからず、不安になったのを覚えています。
なんせ、甲状腺がんの中で1〜2%という珍しい種類ですから・・・・

と、いうことで、そんな不安な仲間のために、ツレのアスペルガーの話だけじゃなくて、甲状腺の話もどしどししようと思います。

ちょうど、11月は半年に一回の検診に行く月ですし。

甲状腺髄様癌で、甲状腺右葉切除+前頸部リンパ廓清の手術を受けたのは2014年5月20日。
おとといで、2年半になりました。

今の状態は・・・甲状腺、が半分ないため、機能低下症になり、術後一か月目の検診の時かチラーヂン飲んでます。75㎍から徐々に増え、現在は100㎍で落ち着いています。

術後1年くらいは、のど風邪をひきやすく、声が出にくくなることがしょっちゅうでしたが、一年過ぎるころからなんとなく平気になりました。
体調は安定しています。ただ、気のせいかもしれないですが、体温調節が下手になった気がします。特に夏場。低下症のくせに汗が多いという変な状態。そして、関係あるのないのか、ムズムズ足症候群っぽい症状と、寒冷蕁麻疹???な症状がたまに出ます。

だけど、日常生活や保育士の仕事には何も支障がありません。

傷も1年で、すっかり目立たなくなり、仕事中も傷隠しの手ぬぐい、ネックウオーマーは外しています。手ぬぐいは夏場は別の意味で今でも必須アイテムですが(笑)今では、何も知らない人は全く気付いてないです。わたしが甲状腺の手術をしたと言ったら驚くと思います。

見た目はそんな感じですが、実際は2年半経った今でも、湿気が多い日や、冬場は傷に違和感を覚えます。
つっぱる感じとか、なんとな〜く飲み込みづらいとか。声も、周りの人は気付かないらしいですが、時々割れたような響き方になってる??と思う時があります。人前で話したり、小さい声で話したり、のどの奥で声を出さなきゃならないとき、、、低い声とか?でしゃべるときは、出づらい感じがあります(聞いている人には違和感はないらしいですが、話しながら出づらい気がしてしまいます。)

ブログを通して知り合った方、みなさん傷には数年たっても違和感を感じるとおっしゃっているので、甲状腺手術あるあるなんでしょうね。

そんなわけで、前回5月に2年検診に行ったので、来週2年半の検診に行ってきます。

表参道I病院に行きます。我が家では、I 病院のことをなぜか「HAMさん」と呼びます。
私がカレンダーに「伊藤H(HOSPITAL) AM(午前中)」と書いていたのを見て、ツレが「いとうはむってなに?」と言ったのが始まり(笑)

半年に一回のHAMさんの日。ちょっと前からドキドキしてしまいます。。

なぜか。

「腫瘍マーカー」の値を調べるからです。
髄様癌の腫瘍マーカーは、カルシトニンとCEA。

カルシトニンは、普段は正常値でも、カルシウムを注射して負荷をかけると上昇するらしく、カルシウムの負荷をかけても全く上昇しないのがベストなのだそうです。
なので、術後しばらくたってから「カルシウム負荷試験」なるものを受けます。

私も術後1年のときに受けました。「カルチコール」という薬を注射して、3分後・5分後に採血して検査しました。
結果は、、若干の上昇ありでした。
だけど、そんなに急激に上がったわけじゃないし、負荷をかけない検査では基準値内なので、大丈夫ということでした。
その後も数値に変わりなしなので、経過観察続行中です。

「C細胞過形成」という状態だろうということで。C細胞過形成→髄様癌に、という経過をたどることもあれば、C細胞の数が多いだけの
「過形成」で終わることもあるということで。

とりあえずは安心しています。  が!!

半年に一度の通院の前はドキドキしてしまいます。
血液検査の結果を見て、あ〜よかったと安心して、、、また通院が近づくとドキドキするというサイクルです。

普段は自分が癌だったこともすっかり忘れてしまう生活をしています。

だからうっかり不摂生をしたり、周りに対する感謝の気持ちを忘れて偉そうにしてしまったりしてしまいがちですが、健康なことは感謝するべきだということと、健康を維持するための努力と、周りの人が支えてくれているから仕事や生活ができてるんだという気持ちは忘れないようにしたいですね。

とりあえず「早寝、早起き、ありがとう」を見直してみようと思います。





posted by かんな at 02:32| Comment(0) | 甲状腺〜術後一年〜の生活〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする